賃貸経営に失敗しない方法|初心者でも安心ファイナンス

アパート

ビジネスを順調に

マンションとお金

賃貸経営をする時は、様々なことを判断する必要があります。駅からの距離や日当たりの確認などは、とても重要なこととなります。賃貸経営を安定化させるには、物件の魅力について考える必要があります。物件の魅力を上手く宣伝することは、とても大切なこととなります。

詳しく読む

収益を残すためのポイント

コイン

築浅物件が狙い目

賃貸経営をはじめとする不動産投資はサラリーマンを中心に昨今裾野を広げてきています。その要因としてワンルームマンションの一部屋だけの投資など、少ない資金で投資のできる物件が増えてきたことが挙げられます。このような環境下で賃貸経営において収益を残す上で重要なポイントは、如何にコストを低く抑えるかと、いつ頃いくらで売却できるかという売却計画の見通しの正確性です。如何にコストを低く抑えるかという点で最も影響力があるのは、対象物件の購入費用を低く抑える事です。そして日本の不動産物件の売買市場と賃貸市場の特徴を比較すると、売買市場では新築と比べて築1〜2年程度の築浅物件であっても中古物件であれば、大きく価格が下がるのに対して、賃貸市場では特殊な要因でもない限り、借り手がついている物件であれば新築でも築5年でも、ほとんど相場は変わりません。だからこそ、収入を得る力は変わらない一方で調達コストが大きく下がる築浅の優良物件を賃貸経営の対象物件として探し出すことが賃貸経営で収益を残す上での大きなポイントとなるのです。

売却時期が集中する可能性

賃貸経営において収益を残すためのもう一つのポイントである、いつ頃いくら位で売却できるかという売却計画の見通しに関しては、日本の不動産事情には売買、賃貸を問わず新築物件を頂点に築年数の少ない物件ほど需要が高いという明確な傾向があります。そのため、賃貸経営を行う物件もどのような物件であれ、やがてどこかのタイミングで収益力が無くなるのです。従って賃貸経営においては、その時点での売却益が、その後に期待できる収益の額よりも大きく、且つその物件の賃貸経営において目指す収益を確保できるギリギリのタイミングで物件を売却することが理想なのです。この観点で今後の不動産市場の動向を見据えると、不動産投資が大きく普及したことで、近い時期に不動産投資を開始した投資家たちが、似通った時期にそれぞれの所有物件を一斉に売却することが推測できます。そうなると中古不動産の売買市場が買い手市場となってしまう可能性が有るのです。従って、今後の賃貸経営で失敗しないためには、売却計画における売却額の想定を厳しく見積もって収支計画を立てることが大切です。

満室になるリフォーム

スーツの男の人

満室の賃貸経営を目指すにはいいリフォーム会社を探すことが必要です。費用を抑えてリフォーム会社を探すなら土建組合でフリーの職人を探すといいでしょう。また、水まわりセットなどは新品よりもB級品を選ぶと費用を節約できます。

詳しく読む

賃貸の経営

家

賃貸経営において、知っておきたいのが立地条件を意識するという事です。立地条件を重要視している人も多いからです。また、賃貸経営は人気がありますけど、その理由としては、需要がある分野だからです。ですので、利益が見込める可能性があります。

詳しく読む